<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

海に行ってきました

横浜は海が近い!
と思いきや砂浜は少ないのね。

そういうわけで行ってきました由比ガ浜。
30分かからず、もはや地元の領域。

私の脅威の晴れ男powerでこの日も
朝から降るあいにくの雨をいつのまにかあがらせ快晴に。
念じるのではなく当然だと思うことが大切ですよ。

水着など無い。
恐らく5,6年は買ってないんじゃないかと。
海は常にハーフパンツで泳ぐのが真の海人。
勘違いワイルド。プールには使えない手だな。

海の家で巨大な浮き輪を借りて遊ぶ。
心地よい日差しに波はそこそこの高さ。
天気晴朗ナレドモ波高シ。

由比ガ浜、初めて来たわけですが雰囲気がとてもいい。
魚もいくらか泳いでる。たまに水面から跳ねる。
そこで見た光景。
なんと
魚が波にのまれてる!

d0064143_014374.jpg

昔溺れる魚というタイトルのドラマか何かあったが
ここ一応あんたら(魚)のフィールドでしょ!?
みたいな。
ん、俺らも地面歩いてて転んだりするか。











さて、マイルドな日差しとは裏腹に
腕、背中を中心に真っ赤に焼けた。
数年ぶりの本格的な日焼けである。
火傷に近いか、恐ろしく赤い。

d0064143_0141310.jpg

カラーサンプル

ドドリア、ダーブラ並の赤さだ。
ギニュー特戦隊のジースまではいかない。
[PR]
by a-large | 2006-08-26 00:45

子供は悪である

友達が見た光景。

炎天下の日中、親子連れが一組。
若い母親と小さな男の子。
3,4才くらいだろうか。
無邪気でかわいい子だ。

と、思ったら
その男の子の行動が凄い。
自販機のつり銭受理の部分をガサガサ漁って
ニタニタしている。

西洋の観点からすると「子供」は不完全なものである。
その不完全さを補い、一市民へと成長させていく過程で
最も重要なものが「教育」である。
これには私も同意見で、「ゆとり教育」に代表される「自由な創造性」の前に
まず「拘束された秩序」が必要ではなかろうか。
度を越した自由は人を堕落させる。
この男の子に不完全で無秩序な行動を是正させるための
しつけをする義務が母親にはある。



極めつけは母親の一言



「こら!ゆうた!やめなさい」






ま た 、 ゆ う た か よ (怒
[PR]
by a-large | 2006-08-22 00:49

表札をつくってみた


d0064143_23551956.jpg

アパート暮らしも早4ヶ月。
ドア前に表札が無いことに気付いた。
フォトショでささっと作成。
インターホンの上に飾ってます。
60mm×30mm
配達のおっちゃんが読めるかどうかは謎。
[PR]
by a-large | 2006-08-09 00:02 | 活動

BIRTH

8月4日。
誕生日です。

去年の誕生日もこのブログ使ってたなぁ。
確実に歴史を刻んでます。

24。
まだ24。
予定寿命180の私にはまだまだあまりにも永い道のりだ。
この日は神社にお参り。
土地の神様に敬礼。

■観ました

タイムマシン 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B0000YTY4O
スコア選択: ※※※※※

SFの巨匠ウェルズが原作。監督は曾孫という、まさにタイムマシンな作品。以前から観たいと思ってたけどついに実現。この映画をつまらないというやつは愚か者だ。世界観とその生態系、クリーチャーから建築に至るデザイン等をラストまで覚えていない証拠。最後のアクションシーンはエンターテイメントとしての映画、ということを考慮して取り入れたのか。拳銃相手にたじろいでた主人公が、あんな未知の人類と土壇場で組み合うなんて考えられませんわ。その未知の人類との会話にこの作品のエッセンスが凝縮されていて印象的だった。
[PR]
by a-large | 2006-08-05 00:08 | 報告