<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

海外へ・・・

明日からイギリス。そしてフランス。
正直実感が無い。てか初めて行く海外がイギリスだとは思わなかった。
前世がイギリス人説は意外と本当かもしれん。
食べ物あまりこだわらないし。今日食べたパスタは不味くて吐き出しそうになったが。
ちなみに今までの占いの集計によると小生は前世で
日本の僧侶だった(けっこう多数)と、アメリカでロカビリーバンドをやってたらしいです。
どこにブリテンがからむのか。
意外にもカーディフ城とか行ったら第六感的にビビビっとくるのかもな。
実はその昔投石器兵だったりとかして。

今のところ行くのはイギリスではロンドン、リバプール、チェスターの3都市。
んで、フランスはパリにヴェルサイユなど。
ドイツも行けたら行く予定~。ベルギーは多分通過で終わるかもしれない。
うぅむ、つくづく思うのが「時間」っていくらあっても足りないものだという気がする。

帰還は来月の10日。
[PR]
by a-large | 2006-02-27 01:41

帰還

d0064143_2195017.jpg

の研修先から帰ってきました。
岡山を満喫することなく、終了次第研修先から早々に帰還。
コメント、なかなか返事できず申し訳なかったです。
ちなみに画像は松本大洋の読みきりから拝借。

みくしの名前を「ユゥ多」に変更してみました。
読み方は変わらず「ゆうた」です。今後ともよろしゅう。



月曜にはイギリスとフランスに飛びます。
[PR]
by a-large | 2006-02-24 21:12 | 報告

新作マンガ2

研修前日なのになにしてんだか自分w

コツコツ描いてた新作です。

次元うどんHanamaro

つたないマンガですが感想よろ。
[PR]
by a-large | 2006-02-15 03:20 | 活動

バトンQ

というマンガがむかしあったが、どうせ誰も知らないので今日もスルー。

さて、styphからバトンまわってきた。
ケイタイバトンか!?

◎現在使用中の機種は?
auのw22SA端末3代目、ラジオが聴けるスグレモノ。そして面倒で聴かない。

◎現在使用中のメアドの意味は?
好きなギターフライングVと好きなバンドの名前を足したもの。
本当はflyingなのだが間違えてfryingで登録してしまってるので
過去に外人から大ウケされたことがある。

◎現在の着信音は?
通常着信 POP CORN/Gershon Kingsley(ガーション・キングスレイ)
メール着信 w22SAの最初から入ってる音
Cメール これも変更無し

◎待ち受け画像は?
ミュシャの黄道十二宮。
絵ハガキを写メして使用。

◎自分の携帯で入力で一番最初に出てきた文字を書こう!
 ワード予測機能!!
あ・・・ある
い・・・いま
う・・・うぅめ
え・・・遠距離
お・・・俺

か・・・から
き・・・気になる
く・・・くれる
け・・・けっこう
こ・・・ことを

さ・・・幸い
し・・・新幹線
す・・・好きな
せ・・・洗面所
そ・・・そんかわり

た・・・たら
ち・・・ちょっと
つ・・・辛い
て・・・手紙
と・・・時

な・・・なった
に・・・日記
ぬ・・・奴
ね・・・ねぇ
の・・・のは

は・・・母
ひ・・・人
ふ・・・ファイル
へ・・・返信
ほ・・・本

ま・・・また
み・・・三城
む・・・無理
め・・・メガネ
も・・・もっと
や・・・優しい
ゆ・・・ユニッシュ
よ・・・よろしく

ら・・・られる
り・・・了解
る・・・るのが
れ・・・冷静
ろ・・・ロゴ
 
わ・・・話題
を・・・ヲ
ん・・・んだ

◎5人にまわす
ジョン、ぷち、漆、muk、KAORI
やってみてくれぃ~
[PR]
by a-large | 2006-02-15 03:17

今日の日記はかなりサブカル


土曜日
先輩と足立区へ団地を見に行く。
いままで「~のついでに団地をみる」というのはあったが
団地を見に行くのが目的なのは初である。

大谷田1丁目団地。
某団地マニアのサイトで注目されていたトコで
前々から足を運んでみたかった団地である。
場所は亀有。


d0064143_16231848.jpg
この日はちょうど両津勘吉像完成の日だったらしく
駅前はすごい人。
で、これが両津像。
ちょっとキモい。いや、キモかわいいかも。
高い台に乗らず、人々と同じ目線に造ったという意図が感じられる。
光が丘にも上戸彩像とかできねぇかなぁ、と。



d0064143_16253893.jpg
これがその団地。
大谷田は団地群の場所だった、1階にあるスーパーなどポイント高い。
連続性の高さとスタイリッシュで前衛的なデザインは
団地の公式を覆している。
光が丘の団地を大御所、高島平団地を秀才と示すなら
この団地は間違い無く「鬼才」である。




d0064143_16315295.jpg
観ていて飽きない。むしろ興奮してくる。
あまりにもハァハァしすぎて、気をぬいたらエクスタシーまで達してしまう。
というのは嘘だが。
下にある自転車置き場の屋根が
いいアクセントになっていると思う。
先輩と共にエレベーターで最上階の14階までのぼってみる。




d0064143_16343965.jpg
ダスト室があるのはポイント高い。
これはゴミをこの部屋から1階のゴミ置き場に落とせるという
少々レトロな団地にしかみられない画期的なシステムである。
光が丘では1丁目にしかみられない。





d0064143_16282219.jpg
大爆笑した。
その団地の1階にあったのだが、「団地歯科」って・・wwww
診察券だけでもつくろうかと本気で考えたが
土曜は診察時間が短く、もう終わってた。
土曜はユダヤ人の休日だしな。(無関係)




d0064143_1637985.jpg
観終わったあとすることも無く北千住をぶらぶら。
すると古い住宅にたどり着く。
「横山家」重要文化財に指定されている。
なんとこの家、明治あたりから今まで残っていて
彰義隊の刀傷や大東亜戦争の焼夷弾が落ちたこともあるという!!
まさに一軒で日本の歴史を語っている。
アメリカの歴史をその人生で物語る「フォレスト・ガンプ」みたいなものか。

夕食の中華料理は味は薄かった。

この日わかったが
先輩のケイタイの画像ファルダには
独立して「靖国」というフォルダが存在しているという・・・・



日曜日
styphと東京駅で飯を食う。
キッチンストリートはけっこう店あると思ってたが
あまり学生向けの店は少ないのね。
かなりの時間話し込む。
ううむ、お互い話題が尽きない。
内容は果てしなくマニアックですが。


d0064143_16403248.jpg
メガネの博物館へも行く。
渋谷の某メガネ屋の6,7階。
画像は気になった羽つきメガネ。
どうやらメガネの発祥は伊太利亜らしい。
あとメガネの理論を提唱したのはフランシス・ベーコンだとか。

案内してくれた係員さんは外人で
ヨーロッパ系かと思ってたら
国を聞いたら「キューバ」だった。
カストロのことについて聞こうと思ったが
政治や宗教の話は基本的に危ないので、控えておいてよかった。
てかキューバで思いつくものといったら
キューバ危機、社会主義、スポーツ、カストロ、ゲバラ
とかだからなぁ・・・
カストロは念能力でダブルになるキャラじゃないのであしからず。


まだまだ知らないものが多すぎるなぁ自分、と思った1日ですた。



月曜日


d0064143_16421081.jpg

ムーとユメジとカートを乗りに埼玉県は宮沢湖へ。
カート場はガラガラ。
月曜の平日に、しかも午後からカートを楽しむなど
我々学生だけの特権である。

10周2000円。
いんや~、たのしかった!
この車体の低さに、運転席のすぐとなりで疼くエンジン。
車よりもよりいっそう「リアル」を感じることができる。
最初はビビってあまりスピード出せなかったが
慣れてきたら直線飛ばしまくり。

走り足りなかったけど、なかなかの満足度。
次は20周やりたいところ。
目標は100周(16000円)!w

そのあとは先輩が愛してやまないファミレス「馬車道」へ。
新大宮バイパスは2軒も馬車道がある。
ここは与野らへんだったか?
赤い制服の女性が担当だった。
馬車道といえば紫色の制服だが、よくみると「エリアマネージャー」と書いてあった。
なるほど、赤いのにはわけがあるのだな。
作業など3倍速いのだろう、某モビルスーツのように。
あるいは倒すとパワーカプセルなど落とすのだろう、それはグラディウスか。
意外とカップルが多い。
あの制服は女の子からみてもかわいいらしいからねぇ。


d0064143_16445543.jpg
ムーのお土産。
エブリバーガーキター!!!
昭和から平成にかけて滅びたかと思われていたが
まだ存在しているという。
上野の二木の菓子とかに。
うむ、この味だ。見た目もさることながら、クセになる味だ。


今日の日記はサブカルでした。
[PR]
by a-large | 2006-02-14 16:45 | 活動

イスラーム

イスラム世界が風刺画の影響でエラいことになってますな。

「この世には宗教戦争なんてものは存在しないわ。あるのは貧富の格差よ。」
と遠藤浩樹のマンガで書いてあった気もするが
中国の反日デモ同様、あの抗議活動をみるとその国々の経済情勢がよくわかる。

イスラムはナウシカで例えると「虫」みたい
と言ったら妹に「それすごくわかりやすい!」と言われた。
少しでも彼らを傷つける者がいたら民族をあげての復讐となる。
触らぬアラーに祟り無しである。
そういやナウシカって東洋文明と西洋文明の相違がテーマにもなってるよね。
もののけ姫も正にそんな感じ。


久しぶりの渋谷。
平日なのに人が多い多い。
「♪渋谷はちょっと苦手」
と歌った広末(奈緒じゃないぞ)は人の多さについてそれを指摘してるのだろうか。
メガネスーパーがスペイン坂の前にできていた。
ヴィヴィアンのメガネストラップが売っていた。
7250円。メガネ買える値段だってばよ、チェーンだったらもう少し考えたが。
この日会ったユミーガは会話の許容範囲が広いので
話していてとてもおもしろかった。
某洋服店勤務のユタカにも会った、ちゃんと仕事してるのだなぁ。


最近睡眠時間がやたら多い。
寝ても寝ても寝足りないという日々が続く。
スピリチュアル系な本を久しぶりに開いたら
「人生の転換期はそういう状態になる」とのこと。
成程、いまが人生の転換期には違いない。
来週は研修でそのあとは人生で初の海外に10泊だ。
その次の月は働き始めるわけだし。
充電期間、多分終わったらイッキに20マス進めるんだろうな。
目的地が20マス先だったらいいなぁ。
[PR]
by a-large | 2006-02-10 00:05

墨田区を歩く

墨田区といえば皆さんは何をお考えだろうか。
じつは墨田区にはコアなスポットが多々あると、この日知ることになる。

土曜だったか。

ユメジ、ムーとで能・狂言を観に行く。
文化系な休日の過し方。
場所は水道橋駅から徒歩数分、宝生能楽堂。

d0064143_2241199.jpg◆能
演目は「通小町」。
なかなかわかりにくい内容だったが
恐らくシテが素人だったため後ろの鼓に圧倒されてか緊張してか
声がほとんど聴き取れなかった。あと
観ている我々が素人というのが挙げられるw

◆狂言
演目は「梟」。
これはわかりやすかったし、おもしろかった。
狂言はとくに歌舞伎や能と比べて比較的くだけた感じ。
ジャンルとしては「笑い」だからね。


そのあとは墨田区「小さな博物館ツアー」を決行。
多くの施設が無料で入れるうえ、他ではなかなか見られない
マニアックなテーマに沿ったものが多くみられる。


◆桐の博物館
桐の箪笥などの作品を展示。
世界で1本しかない桐のギターなど展示されていた。


d0064143_22495414.jpg◆ブレーキ博物館
かつてアイルトン・セナを目指していたムーがここをプッシュ。
どうみても小さな会社。その2階にあった。
車のブレーキなどが展示されていて、係の人はかなり丁寧に説明してくれた。



d0064143_22504481.jpg
これは新幹線500系「のぞみ」に使われているブレーキ部品らしい。
1つ100万円。これが各車両に数個ずつつけられて
総額は1憶を超える。しかし人命を考えれば、けして安くない値段だそうだ。
なんだかタモリ倶楽部みたいになってきた。



d0064143_2256323.jpg
ABSというブレーキに付属するシステムを体験できる設備。
面白い。面白いがABSという3文字略語はこの世から是正すべきだと
私は常々思っている。

おみやげにブレーキパッドを1人1個ずつくれた。
カバンにつけてみたら、「お、これはオサレ♪」
いま小生のカバンには
スバルSUMBERのブレーキパッドパッドがついてます。

d0064143_23201597.jpg

なんだかバナナっぽい。








d0064143_2301068.jpg◆能面博物館
さっきのブレーキ博物館が会社の上だったのに対し
ここはどうみても民家です。本当にありがとうございました。
玄関のベルを鳴らし、中におじゃまする。



d0064143_2303971.jpg中にいた方は親切に案内してくれた。
話をきくとこの方はなんと90歳で作務衣を着ていた。
まさしく「職人」、かっこいい。
40年近く能面をつくり続けていて、しかもそれが本業ではないという。
建築業が仕事らしい。
画像は作業場。


そのあとは上野の武骨でラーメンを食べ
上野市場という居酒屋でまったり。
日本酒を久しぶりに注文してみたが
量がよくわからず、2合頼んだら徳利が2つもきた。。。頑張って飲みはしたが。

卒業旅行はインドに決定。
[PR]
by a-large | 2006-02-07 23:20 | 活動

焼き払え!どうしたそれでも世界でもっとも邪悪な一族の末裔か?!

お昼頃、神社で厄払いをしてもらいました。
一人だけだったので、神主さんが
自分のためだけに祈祷をやってもらっていると思うととても感謝。
ひとつひとつの作法に思わず見入ってしまった。

家出れなかったのでしょうがないからナウシカ観ていた。
作業ついでに観ようと思ってたのだが
見入ってしまった。

しかし

殺すのか?!殺すが良い!目しいた年寄りさ!かあんたんな事だよ!…ジルを殺したように

のシーンを見逃してしまって残念。

今回でいままで気にしていたようで気にしていなかったキャラの名前がわかる

ギックリ→声がボヤッキーの人
ゴル→手が石になちゃった人
ニガ→目を常に帽子でかくす人(戦車の運転中でもそれを意識)

とりあえずこの3人のおじいちゃんキャラが戦車を奪うシーンが
一番好き。もう手を叩いて大爆笑。
あと、最初のメーベで飛ぶシーン。
ナウシカの衣装、素足だと勘違いして無駄にドキドキしてしまった男子は多いはず。
見入ってしまった。(昔は)
[PR]
by a-large | 2006-02-04 02:59 | 映画

jojo研究会

という大儀名分で飲み会を決行。
なかなか熱いメンツが集まった。
場所は新宿。

1次会・和民
→2次会・月の雫
→3次会・ブレンバスタ
→4次会(始発待ち)・ファーストキッチン

後輩たちもこの流れを受け継いでいってほしい。
とくに始発待ちのファッキン。
あと東方見聞録の深夜サワー(裏メニュー)とかw

ブレンバスタは知り合いの人がラーメン屋をやってるbarなのだが
思った以上においしかった。
塩でおいしいのを食べたのは久しぶりかな。
今度TV出るらしい。
[PR]
by a-large | 2006-02-03 00:21 | イベント

さいたまを観光

本当は行田の文学館に行こうと思ってたけれど
時間の都合上、大宮公園駅の盆栽村に行って来た。
てか月曜日だったので、多くの施設は休館なのだ。

で、
盆栽村

盆栽好きの聖地である。
各家は玄関を開け放しにし「~~園」と名乗り庭に自慢の盆栽を展示している。
ある種異様な町でもあるのだ。メインカルチャーのようでサブカルなにおいが。
しかも入場は無料。

場所は東武野田線の大宮公園駅。
東武野田線、多分初めて乗った。
乗ったことのない電車に乗るのはけっこうハァハァである。

d0064143_19362613.jpg
北大宮駅

大宮と名がつくのに、この非繁栄ぶり。
先輩の大好きな小田急線南新宿駅のようでたまらない。
都市の隠れた秘境駅。(言い過ぎか)




すぐに大宮公園駅に到着。
改札で地図をもらい、時間の許す限りウロウロする。



d0064143_19365677.jpg
まずは一軒目、清香園。
庵である。アタマの中でイメージした庵にまさにぴったりのイメージ。
隠居後はこのような庵に住み、白髪と髭を伸ばし常に着物を着てる
達人系の老人になりたい。達人系て。


園内の盆栽は基本的に撮影禁止だった。
だが、盆栽。ひとつひとつを観てみると
これが恐ろしく趣き深い。
盆栽というのはこんなに、良いものだったのか?
園内には百近くの盆栽があったが、どれひとつとして
駄作がない。
正直盆栽を見くびっていた。


○○園

2軒目。
前のとこと比べるとかなりやっつけ具合な園内。
盆栽も綺麗ではあるが、あまり手入れされてなかったり
イマイチ好きになれない作品がけっこうあった。
ここで、あることに気付く。
最初に入ったところが良過ぎたのだ。
素人もうならせるような作品の数々だったし。


蔓青園

ここはかなりレベルの高い作品揃いだったが
全体的に大きくワイルドな盆栽が多く目についた。
盆栽の園にもいろいろ趣向があるようだ。
さながら盆栽もキャラクター主義である。


d0064143_1938117.jpg
松寿園

ちょっと漢字が見つからなかった。本当はさんずいに寿。
ここは時間がなくてあまり観られなかった。
どちらかというと民家ぽい。

d0064143_1938212.jpg
盆栽町郵便局

この名前は熱い。住所も埼玉県さいたま市盆栽町らしいし。
てか村なのか町なのかどっちなのよ?





d0064143_19471686.jpg
そのあとは
さいたま新都心のjohn lennon museumに行って来た。
何故盆栽のあとjohn lennonなのか?
そんなことは私にもわからない。

ちなみにさいたまとjohn lennonは何か関わりがあるのか?
という疑問だが、実際は無いらしい。
オノ・ヨーコの生誕の地でも無いらしい。
大儀名分などどうでも良い、そこにさいたま新都心があり、ミュージアムがあるだけだ。

d0064143_19391961.jpg
アーティスティックな館内。
ちょうど、特別展としてリバプール展をやっていた。
3月あたりに行くと思うのでこれは興味深い。




d0064143_1941166.jpg
サイン。
こうしてみると日本の武士の花押に似ている。
それは気のせいだとしても、ジョン・レノンは日本文化&日本語にけっこう関心あったみたい。
俳句も好きだったらしいし。

展示室内はジョンゆかりの品だらけ、というよりは
ジョンの生まれてからの歴史、ビートルズ結成までの道のり
ヨーコとの出会い、反戦運動などで占められていた。

サイン入りギターやシタールなどは普通にすごいなぁと。
展示室内もおもしろいつくりになっていて、来てみてよかった。
そしてラストの壁に書いてあった文字・・・
この演出に悔しくも少し感動。行った人ならわかるはず。
[PR]
by a-large | 2006-02-01 19:41