<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ジャージャー・ビンクス

ついにバイト辞められそうです。
エースな後輩(モス歴すでに3年)が入ってきたため
やっとこの店も安定期に入るのではないでしょうか。
バイト辞めたら卒論に集中しませんと。。

■観ました
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B0000AIRN3
スコア選択:

ジョンから借りたDVD、さっそく観てみました。さすが永年にわたってSFのトップに君臨してきた映画だけあって別格。CG、シナリオ、キャラクター、音楽、演出、世界観、全てが素晴らしい。その反面あまりにも悲しいストーリー。。個人的にはジャージャーがもっと出て欲しかった。あとバトル・ドロイド。Episode1からずっとみてたが、あれ弱そうにみえてしょうがない。もうちょっと他のデザイン無かったのか?グリーバス将軍の咳き込み具合は良いなと思った。咳をするかしないかだけでキャラの立ちかたが違う。時間が許すところならばこの後4,5,6・・・と観ていきたいんだけどなぁ。
[PR]
by a-large | 2005-11-29 21:16

山形より帰還

d0064143_14493041.jpg

秋も終わるというこのクソ寒い時期に
山形行ってきました。
うお、画像でけぇ
青春18きっぷでなく今回は土日きっぷで。
高校生料金で買ったのでいつバレないかヒヤヒヤした旅でした。

そのうち「旅」コンテンツにアップする予定~
[PR]
by a-large | 2005-11-28 14:51

日光

この前の祝日は日光に行ってきました。
実は日光行くのは人生で初である。
普通に23年間生きてきて行く機会無かった&誰も連れていってくれなかった
というのが本音である。
外環から東北道を使って北上。
所要約三時間。

東照宮の華やかさに感動。
徳川家康の権勢がいかにすごかったかと直に確認させてくれる。
参拝の作法は神道であるが、中は仏教的な部分も・・
日本の文化の不思議さが現れている。
そういや神道対仏教の大きな戦争というのは歴史的にあまり聞いたことがないしなぁ。
廃仏毀釈とかはあったけど。仏教同士の派閥闘争はたくさんあったみたいだけど。
そういや屋根の付近のつくりが仙台の瑞鳳殿に似ていてカラフル。
やはり伊達が徳川の様式を模したのだろうか。
青葉城は天皇や将軍をお迎えするための専用の門までつくったのに
結局誰も来なかったという悲しい現実がある。
大猷院もとても綺麗だった。
東照宮の白+金に対して黒+金である。
色としては大猷院のほうが好きかも。
そして初代と三代目の残したものはたくさんあったけど
二代目はどこにも見当たらない。秀忠ぁーー!

いろは坂で猿が見られた。本当にいるんだな、おい。

11月の日光は寒かったけど楽しかった。
紅葉もそこそこ綺麗だったし。冬はまたどこか行きたい。
[PR]
by a-large | 2005-11-25 19:19

ノンポリどもへ

三島由紀夫の命日である。
ナショナリズムに関してたまに考える。
米国に中国、いま日本はこの2つの大国に脅かされている。
いまの日本は限りなく米国寄りだが、知識層の日米同盟に対しての批判は根強い。
しかし日米同盟への反対、これは理想であって現実ではない気がする。
長いものにまかれろという姿勢ではないが
米国に守られてきたこの60年間日本が一番平和であったのは間違い無い。
決して米国が好きなわけではないし、戦争も反対である。
ただ生半可なナショナリズムに果たして中身はあるのかと疑問がある。
日本での過去の安保闘争もお祭に近い印象を受ける。中国の反日デモのように。
どうせ極論として受けとめられるのだろうけどあえて書いてみました。
これからもう一度『憂国』読みなおしてみます。
[PR]
by a-large | 2005-11-25 19:01

リンガ・ディン

バーガー病である。
浪人のころカレー病にかかったが今回はバーガーである。
三日連続ハンバーガー。
昨日なんか四食中二食がハンバーガー、しかもモス。
スーパーサイズミーの日本版でもやろうとしてるのか。
日本版だけにマックでなくモス。

モス裏話シリーズ~
モスの野菜は無農薬をうたってますが実際は農薬使ってて
しかも野菜はアンド・ベージという洗剤で毎朝洗っています。
うわぁぁ~もうサラダ食えねぇ~

金曜は久々の日芸。
気の流れが悪いのか恐ろしく愛想のない店員。
そしてこの不味さは芸術的。

■観ました
現金(ゲンナマ)に体を張れ
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B00005L9H2
スコア選択:

胸を張って言えるほど詳しくはないけどやっぱりキューブリック監督好きです。この綿密に練られたシナリオにラストのどんでん返し。まさしくエンターテイメント。普通におもしろかったです。オーシャンズ11のような感じ。そういやシナトラのオーシャンズ11も観ておきたいなぁ。
[PR]
by a-large | 2005-11-20 02:27

リバーサイドリバー

久しぶりにフライヤー作成のお仕事である。
といっても元の絵は描かれてて編集に近い作業だったかな。
それでも報酬3000円、2時間で仕上げたから時給1500円。おいしい。
ハンバーガーなんかつくってる場合じゃないよ。

おとといも昨日も今日も労働である。
ながかった研修を終えて
またもや「働きたくないでござる!」週間にもどる。
生活リズム整えていかなくちゃ・・・と思いつつ
よくよく考えるとこのバイトに学校もプラスすると
生活リズムが崩壊するようになっているシナリオである。
努力と労働は違うものなのさ。
ラブとピースは違うものなのさ。
「働きたくないでござる!」(といいつつかなり働いているが)
[PR]
by a-large | 2005-11-16 15:58

帰京

8泊9日も都を離れたのは初めて。
昨日、我が家に帰ってきました。

1日目
初、研修メンバーとの顔合わせ
関西出身もちらほらいてにぎやか。
研修施設の1階が博物館になっていて
恐竜の化石にハァハァ
なぜか住んでいる施設の寮長に抜擢。

2日目
講義室の空気が悪く、前日まで風邪&喘息のため体調悪化。
講義後は皆とコミュニケーションとれず気づけば就寝。

3日目
いつのまにかあだ名が「ダリ」になる。
尊敬している画家の名で呼ばれるのは恐れ多い。
会社の会長(現CEOはフランス人)が講演に来てくれて握手もできた。
会長は歳にそぐわずオシャレで一見すると右脳型人間。
どこか親近感が沸く。

4日目
周辺を散策。久しぶりに外の空気を堪能するが
本当に歩きまわっただけ。
しかし島根県の山奥にもメガネの三城が!
せっかくなのでかねてから欲しかったメガネひもを買う。
内定者割引など無い。

5日目
島根の研修所とお別れ。
また来てみたいが一種の「情」で来るには山奥すぎる。
出雲大社へ。
桃鉄ユーザーは出雲が目的地だとテンションが上がる。
本殿は正月だけの公開なので観るべきところは
あまり無かった。

■(バスの中で)観ました
スパイダーマンTM 2
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ISBN : B000ALVY0O
スコア選択:

丁度観ていなかったので眠いなか起きて鑑賞。そこそこ楽しめた。ドクターオクトパス、視覚的にもキャラ的にも地味な仇役で作品のほうもテーマも何もあったものではないが、それでも飽きさせなかったのは最新のCG技術のおかげだろう。街中を飛びまわるスパイダーマンは観ていて実に爽快。シナリオはヒーローものの第二作にありがちな展開だったが、子供も観る映画なのでそこまで完璧は追求しないほうがいいかにゃと。


6日目
岡山にての研修。
会社と提携しているメガネの専門学校。
なかなか綺麗なつくり、もうかってんだろうなぁ。

7日目
岡山での研修2日目。
班の皆とも仲良くなってきてよい感じ。
担当の社員さんにいろいろ教えてもらう。
仕事に対しての自分の考えが少し変わった。
良い影響を受けた感じ。

8日目
いよいよグループ発表。
思ったほど緊張せずに終了。
最終日は内緒で酒解禁。
いろんな人と話せた。
全国から来ている内定者。地理ネタはやはり使える。
あまりに知りすぎていると「なんで知ってるの?えーキモい」
とまで言われるがその「キモい」すら私には快楽である。

9日目
ついにお別れ。
思えばツライというよりは楽しい研修だったように思う。
みんなの顔と「方言」がフラッシュバック。
解散後友達3人(なんと出身がそれぞれ東京、名古屋、大阪)
で倉敷の大原美術館へ行く。
美術館は評判に聞いてたとおり、名画が多かった。
エル・グレコの『受胎告知』
日芸の講義で論文の題材にエル・グレコをとりあげたころから
小生はわりとエル・グレコ好きである。あの長い手足とかね。
あと現代美術のほうも楽しめた。
さらに倉敷美観地区はとても綺麗でやや作られた感はあるものの
京都のような情緒あふれる街なみだった。
観光客だからか地元のテレビ局からインタビューを受けた。
岡山地区で放送するらしいです。
[PR]
by a-large | 2005-11-14 20:15

岡山に

研修で行ってきます。
与えられた情報が「相当山奥」と「寒い」というだけです。
果たしてどうなることか。・。

もしも俺が研修で死んだら故郷のみんなに伝えて欲しい
俺はベストを尽くしたと
もしも俺が研修で死んだらかわいいあの子に伝えて欲しい
楽しい思いで抱いていくと
もしも俺が研修で死んだら親しい友に伝えて欲しい
銃に向かって俺は死んだと
もしも俺が研修で死んだら俺の墓に名前は要らない
ただ一人の男が生き戦い死んでいったと刻んで欲しい
[PR]
by a-large | 2005-11-03 19:08

文化祭 その後

文化祭終了。
3日間の疲労もたたってか21時間は寝てた、新記録樹立。
久しぶりにサメの夢をみた。
新宿繁華街の下水道を使った3匹の巨大鮫の格闘。
あと巨大な洋式の城塞に忍びこむ夢も。
なぜか城jの名前が「としまえん」だった。

■観ました
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
/ 日活
ISBN : B000AC2V5K
スコア選択:

なかなか良い映画だった。ヒトラーの秘書が主役でありその視点から観たナチスというのがオリジナリティのよう。サブタイトルというかテーマは「最期の12日間」だが個人的には破竹の勢いで連戦連勝する第三帝国が観たかった。ロンメル将軍とかね。ヒトラー演じるブルーノ・ガンツはかなりの名演技。ただ、途中がけっこうダラダラというか、わからない将校の話になると退屈してしまう自分がいる。うぅむ、勉強不足か。映画館で観ればまた印象が違ったかもしれない。
[PR]
by a-large | 2005-11-02 06:10