カテゴリ:映画( 5 )

JAL機内での映画

■観ました
『ゴッド・ファーザー』
partⅠです。長い映画なので遠慮していたのですが
イギリスまで片道12時間の移動中だったのでためらいなく堪能。
先輩のレビューでもそうだったけど、マイケル(2代目)の成長物語といった感じ。
最初の馬のシーンはかなり鳥肌。途中のシシリアのシーンは退屈だったかな。
ラストの教会と銃撃の2重シーンはとても完成されてて美しい。
その時のセリフまわしも皮肉っぽくて最高。
もう戻れない道を進まんとする主人公の決意を表現しているのやも。

帰りの機内でPartⅡを観ようと思ってたのだけど
なんか椅子に付随している液晶の設備が古く
しかも映画のメニューが行きとは異なってたのだ。憤慨。

■観ました
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
/ バップ
ISBN : B000EPE77S
スコア選択:

観ているうちに作品タイトルがわかった。けっこう観た人は多かったみたいだけど、原作のほうは皆知ってるのか疑問である。昭和のセットをここまで再現しているのは凄い。しかし、導入したてのテレビをつけたら力道山の空手チョップが炸裂するシーンだったのはコテコテすぎてどうかと思うし、登場人物も典型的な人間達しかいなかった気がする。あ、でも芥川とかその養子とかそうでもないか。劇中一番好きなセリフは社長と文学青年がケンカするシーンの「戦争に行ったことないくせに!」「ロシア文学も読んだことないくせに!」


■観ました
『Dreamer』
カート・ラッセル ダコタ・ファニング

なんか日本ではまだ未公開の映画だったようですね。
馬好きな人にはたまらない、そうでない人も楽しめる内容。
キャラもいいし、途中の演出もいいし、、、
ただ、あまりにも王道的なストーリー展開なので
自分みたいなひねくれた人間にはあまり楽しめないかも。
そして、このあまりに興味をひかないタイトルを
まず、どうにかすることが重要かと。


■観ました
『ディズニー 嵐の演奏会』(?本題わからず)
ウォルト・ディズニー

ディズニーは別に好きでも嫌いでもないのだが
たまたま過去に観たことある作品だったので観てみた。
『ミッキーのマジカル・ワールド』というビデオに
収録されていた1作品だったのを覚えている。
ミッキーがオーケストラの指揮をとり観客を魅了するが
そこに竜巻があらわれて・・・な内容なアレね。
もしかしたら観たことある人いるかも?
この歳になってみて気付いたことがたくさんあった。
まず、ディズニーのキャラの動きがおかしい。
おかしいというのはきめ細かくて独特の動きをしていて
かつ滑らかである、ということである。いい意味。やっぱディズニーやるなぁ。
そして、小生は『ミッキーのマジカル・ワールド』に
収録されてるバージョンのこの作品を過去に観たのだが
『マジカル~』があまりに多くのシーンをカットしていたのに気付かされた。
実に腹がたった、子供騙しもいいとこだ。
小さいころ何度もあのビデオは観たけど、全作品カットだらけ
間違い無く駄作だアレは。
カットされてたのはドナルドの関係するシーン丸ごと。
だから『マジカル~』のでしか知らなかった小生は
嵐の演奏会にドナルドが登場すること自体全く知らなかったのだ。
どうでもいいが小生はドナルドが一番好きである。
子供の夢を切り刻むビデオメーカー許すまじ。
[PR]
by a-large | 2006-03-13 01:58 | 映画

焼き払え!どうしたそれでも世界でもっとも邪悪な一族の末裔か?!

お昼頃、神社で厄払いをしてもらいました。
一人だけだったので、神主さんが
自分のためだけに祈祷をやってもらっていると思うととても感謝。
ひとつひとつの作法に思わず見入ってしまった。

家出れなかったのでしょうがないからナウシカ観ていた。
作業ついでに観ようと思ってたのだが
見入ってしまった。

しかし

殺すのか?!殺すが良い!目しいた年寄りさ!かあんたんな事だよ!…ジルを殺したように

のシーンを見逃してしまって残念。

今回でいままで気にしていたようで気にしていなかったキャラの名前がわかる

ギックリ→声がボヤッキーの人
ゴル→手が石になちゃった人
ニガ→目を常に帽子でかくす人(戦車の運転中でもそれを意識)

とりあえずこの3人のおじいちゃんキャラが戦車を奪うシーンが
一番好き。もう手を叩いて大爆笑。
あと、最初のメーベで飛ぶシーン。
ナウシカの衣装、素足だと勘違いして無駄にドキドキしてしまった男子は多いはず。
見入ってしまった。(昔は)
[PR]
by a-large | 2006-02-04 02:59 | 映画

月月火水木金金

■観ました
男たちの大和 YAMATO
監督 佐藤純彌 
劇場で観ました。人生で初の一人映画。
いや、すごかった。一番印象に残ったのはあまりにも生々しい戦闘シーン。思わず目を覆ったのは『スターリングラード』以来。旧日本軍は海軍でも陸軍でも、兵士の命を軽々しく扱ってた風がある。この作品、本当に大和の海戦しか戦闘シーンは無い。とにかく「大和」と「その乗組員」に的をしぼったシンプルな構成。ここに時間の逆転の手法も加わる。そして仲代達矢、どうしてここまで悲しそうな表情ができるのか素晴らしい。これは『乱』を観なければ。本気で感動した、観てよかった。日本人なら見なければならない。いや、外国人こそこれを観れ!
[PR]
by a-large | 2006-01-26 02:02 | 映画

空即是色

じいちゃんの三回忌。
親戚全員集合。たまにはそんな機会も必要。

お坊さんの念仏の他の宗派との違いをよく聴き比べていた。
歳をとるとともに短く感じるようになったな念仏。
般若心教が好きだけども。
どうやらあの声のトーンで声を出し、またみんなと復唱し一体となることで
快楽中枢が刺激されるのかもしれない。
どちらかというと合唱してるときの爽快感に近いかもしれない。
煩悩を捨て去るためのようで実は快楽追求なのかあれは。”?

■観ました
OUT
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B00006RYN3
スコア選択:

桐野夏生原作。原作とはかなり違うらしいし読んだことはないけど、おもしろいおもしろい。殺人に関わった4人の主婦たちの奇妙な人間関係。決して友情ではない。「主婦」という日常的な響きに「死体」や「ヤクザ」という「非日常」が乱れこみ物語をおもしろくさせる。
[PR]
by a-large | 2006-01-15 22:42 | 映画

ベイクドチーズ

モスバイトも残すところ6回。
共に入るのが最後な人もだんだん出てきて実は寂しい限り。
今日も社員が寝てる間に同僚とつまみ食い。

フローズンケーキバー全種食べた。
おしるこも食べた。
ライスバーガー豚生姜焼きも食べた。
スパイシーモスチーズバーガーも食べた。
テリヤキチキンバーガーのチキン部を二重にして
ダブルテリヤキチキンバーガーにして食べた→ウマー。
食いすぎだろおい。

■観ました
灰とダイヤモンド
/ ポニーキャニオン
ISBN : B00005FW0J
スコア選択:

ポーランド映画。アンジェイ・ワイダ監督の戦争三部作のうちのひとつ。「おお」と思う演出はいくつかあったけど、話がシンプルなのにどこかとっつきにくい。まだまだ自分にはわからない部分が多いのだろうか。列強に囲まれる場所に位置するポーランド。その永年の被支配のコンプレックスと愛国心について映画では言ってる気がする。しかしポーランド語って歯切れ悪いのね、聞いてて思った。韓国語みたい。
[PR]
by a-large | 2005-12-23 20:28 | 映画