東京ミッドタウン

d0064143_1291385.jpg


ほんとはこの日、東京ドイツ村に行こうと考えてたのだが
雨が降ってたので仕方ないから
東京ミッドタウンに行ってみた。
選択順位がドイツ村より下かよ!というツッコミは抜きで・

ミッドタウン内のタワー。
人多すぎ。
無双ゲージがたまって危うく発動するところだった。
十文字槍降りまわしてぇ。
中高年が多い印象。
ミッドタウンのミッドは「ミドル」も含んでいるらしいんで。
画像は帰る前に撮った写メ。
夜は意外と人が少なくなる。


サントリー美術館、以前から来てみたいと思ってた場所。
久しぶりの美術館だったが
やはり見る眼がちょっと前の自分と比べてだいぶ違っていた。

美術館に置いてあるもの=技能に優れた名品
というイメージを抱きがちだったが
実は意外とそうでもないものも多い。
平安の浄瑠璃絵巻物は遠近法が無いのは問題無いとしても
廊下のラインが先に行くに従って崩れている
人物の頭の大きさに差が有り過ぎる
など、よく観ると小さな発見があったし
切子の硝子細工はじっと観ると
1ミリ単位で切った模様の線の幅が違っていたし
江戸時代の大衆向けの浮世絵は
人形と人間が同じ顔で描かれていてなんとも滑稽だ。

どうにも美術館は入った時点で
美術館ウイルスというものに侵されるらしい
置いてある美術品=すごい
という先入観にとらわれてしまうウイルスだ。
自分の目を肥えさせることが唯一の抗体だと思う。

しかしわざわざ美術館に出向いてケチをつけるのも
自分としては大人げないと思うし
それに「すごい」というのは感動の一種なので
1000円もの金をはたいても小さな感動をたくさんできるのは
よいじゃないかと。
まぁ上手いとかでなくてテーマやコンセプトに沿った
歴史的作品であるから展示してあったんだろう。
そういうわけで今日は小さな発見と小さな感動を多くした、ということで
横浜に帰るとしよう。

あ、ちなみに21_21 DESIGN SIGHTも行った。
安藤忠雄がいたよ。サイン会やってた。
アブダビに恐るべき曲線をもつ建築物を建てるらしい。
アブダビコンバットの会場になったら面白いのだが。

この日は他にサルーとえむちゃんと一緒にまわった。
帰りに居酒屋で延々とトーク。
やはり年に出会う回数が少なくても
(サルーは今年初、えむちゃんは初めて会ってからまだ2回目)
ここまで話がたのしい人間関係がすごく理想的だ。
[PR]
by a-large | 2007-04-19 01:31


ウゴリーニ >>